選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

お墓が壊れたときはどうすればいいの?

近年はお墓を持たない人が増えている時代です。
田舎を離れて都会に出てきた人であれば、そのまま都会に住み続ける方がほとんどでしょう。
そうなると田舎に先祖代々のお墓を残したままですが、現代では若い人だけではなく高齢者の方自身もお墓を受け継がなくても構わないと考えている人が多いので、
そのままお墓が断たれてしまうということはよくあるようです。
こちらの子孫がいないときのお墓問題も参考になります。

しかし、そうはいっても、まだまだお墓を受け継ぐ方はいますし、家のお墓を持っているという人は大勢いるでしょう。
お墓を持っている方は毎年使用料を支払う必要がありますし、供養をしたり、お墓の面倒を見る必要もあるでしょう。
しかし、基本的には墓地の管理者がお墓の管理をすることになりますので、お墓が自分たちの所有物であるという意識を持っていない方が多いのかもしれません。
お墓に何かあったとしても、それをどうにかする責任があるのは墓地の管理者であると勘違いしている方は多いのではないでしょうか。

基本的に墓地の土地自体を所有しているのは管理者ですが、そこに建てられている墓石などを所有しているのは、借りているあなた自身なのです。
よって、墓石などに異常が起こった場合には、それを改修するための責任などは使用者に責任があります。
たとえば地震などの災害によって墓石が倒れてしまい、壊れた時などには、墓地の管理者は一切責任を負わないです。
墓石を所有している使用者が負担をすることになります。

明らかに墓地の管理者の不手際によって墓石が壊れてしまった場合は別ですが、墓石は使用者の所有物であり、墓地に置かせてもらっているという立場なので、
墓石が壊れた場合にも自分たちで回収のための費用を払う必要があります。
よって、墓地を選ぶときなどはできるだけ災害に合わないような場所を選ぶべきでしょう。
お墓の値段の相場でご覧いただけますが、墓石の値段は非常に高価なので、一度壊してしまったら、なかなか回収するための費用を用意することができなくなってしまいます。

こちらのお墓の基礎知識も参考になるので、是非ご覧ください。