選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

お墓を受け継ぐ人がいない場合はどうすればいいの?

お墓に関する問題は誰であっても抱えていると思います。
子供の時は特に気にしていなかったと思いますが、お盆などにお墓詣りに行った時などは、将来このお墓はどうなるんだろうと疑問に感じたことのある人は多いのではないでしょうか。

お墓というのは、先祖代々受け継がれるものであるという文化が日本にはありました。
戦前では、長男が承継するものであり、代々墓に入れるのも長男夫婦だけであると民法で決められていたほどです。
その頃は次男以下の兄弟や姉妹は分家として枝分かれをして、新たに墓を建てることになっていました。
そして、それらの墓はまたその下の長男に受け継がれるという具合です。

しかし、現在の日本ではこのような文化を維持するのは難しくなっています。
地方から都心部へと人口が集中するようになり、核家族化が進んでいます。
家族が先祖代々の土地に移住し続けるという文化はもうとっくに過去のものとなっています。
サラリーマンの中には、日本各地を転勤して回っている方も多いでしょうし、同じ地域にずっと住み続けるという文化はこれから先の日本ではどんどん減少していくことでしょう。
それにより、メリットとなることもあるのでしょうが、お墓に関して言うならば、だれも継承する方がいなくなってしまいます。

承継者がいないお墓は一体どうなってしまうのでしょうか。
承継者がいなくてもお墓そのものが無くなってしまうというようなことはありません。
最終的に誰が承継するのかを決められない場合には、家庭裁判所が継承者を指定することになっています。
しかし、指定された方が毎年わざわざ墓地の管理料を支払うとは限りません。
よって、一定の期間管理料が支払われなかった場合には、永代使用権は取り消されてしまいます。

このようにお墓を継承する物がなくなってしまうことが心配な方は、生前のうちから管理料を先に支払っておくことも可能です。
その後になって、管理者が現れないのであれば、寺の永代供養塔に入れてもらうなど事前に話し合っておくとよいでしょう。
お墓の管理に迷われた方は、こちらのサイトも参考にしてください。