選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

生前にお墓を建てるのはどうなの?

将来、自分が亡くなった時にお墓に入れてもらいたいと考えている人はどのくらいいるでしょうか。
昔は、人が死ねば、当然お墓を作る必要がありましたし、そこで供養をすることによって、亡くなった方のためになるとみんなが信じていた時代がありました。
しかし、現代ではそういったことを本気で信じている方はあまりいないかもしれません。
とりあえず、人が死んだらお墓の中に納骨する物だという文化として受け入れている方が多いと思います。

中には自分が死んだあとはお墓に入れる必要はないし、新しくお墓を作るなんてとんでもないと考えている方もいるでしょう。
お墓を作るには非常に高額のお金がかかってしまいますし、毎年お墓に水をやるなど、面倒を見る必要があります。
そのお墓は先祖代々受け継がなくてはならないのかという問題も生じますし、色々と面倒な作業が発生します。

もしも、自分が死んだ時にお墓を作ってほしいと考えている方は、あらかじめ生前にお墓を作っておくとよいでしょう。
自分のお金で自分のお墓を購入するのです。
それだけで、お墓にまつわるお金に関する問題はほぼ全て解決しますし、節税にもなります。

生前にお墓を建てるメリットというのはたくさんあります。
通常は人が亡くなってから慌ててお墓を購入しようとします。
そうすると、いちいち条件などを吟味する暇がないでしょうし、親族が亡くなったことによって、悲しみなどもあるので冷静な判断ができなくなっている状態にあります。
その時には、普段ほどの判断力が無くなっているので、詐欺などにあってしまう可能性もあり大変危険な状態です。

それならば、生前自分が生きているうちに落ち着いて自分の墓を用意する方がよいでしょう。
じっくりと色々なことを調べて、お墓を購入するにはどうしたらよいのかを学びましょう。
そして、様々な条件を決めていき、生前にお墓を購入しておくのです。
これから先、お墓を生前に購入することが定着するかもしれません。

失敗しないお墓選びも参考になりますので、是非ご覧ください。