選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

先祖代々のお墓は移転できるの?

先祖代々のお墓がある家系というのは、今は少なくなってきているのではないでしょうか。
戦前までは法律にも定められていたぐらい、お墓を一族で受け継ぐということが重要視されていましたが、日本が経済的にも発展していくと、生まれた土地からよその土地に
簡単に移れるようになりました。
その結果、先祖代々で同じ土地に暮らし続けるようなことはあまりなくなってきています。

今まで暮らしていた土地を離れて都会や別の土地に行くことは悪いことではないでしょう。
むしろ、人口の移動は活発に行われる方が、経済も活発化されるという考え方もあるくらいです。
しかし、田舎から都会などに移り、そこで生活をしていくのであれば、通常は両親たちは田舎に残ることになるでしょう。
両親が健在であればよいのですが、両親が高齢になり、いつ死んでしまうのか分からないような状況になった時はお墓について考える必要があるでしょう。

お墓を持たないという選択をすることも悪いことではありません。
お墓を持たなければいけないという法律はありませんし、お墓を持つのか持たないのかは個人の意思によって決めることができます。
しかし、やはり先祖代々受け継がれてきたお墓ですから、どうしても受け継ぎたいという方もいるでしょう。
その場合は、都会に暮らしている場合でも田舎にある先祖代々のお墓を移すことは可能です。

お墓を移す場合には、新しいお墓の管理者から受け入れ証明書を発行してもらい、古いお墓の管理者からは埋墓証明書をもらいます。
そして、市町村役場に申請をして、改葬許可証を受けとりましょう。
これを古い方のお墓の管理者に見せて、お墓を引き払う際には供養をしてもらいましょう。
これはお魂抜きと呼ばれる作業です。
お墓や仏壇のお魂抜きはこちらに詳しく書かれています。

古いお墓に収めていた骨は土に帰っているかもしれないので、土を新しい墓の納骨棺に入れます。
そして、新しいお墓に埋めて、諸々の手続きを済ませれば移転は完了です。
お墓の移転をするということは、可能なことなのです。