選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

新しくお墓を作るにはいくらかかるの?

家族が亡くなった時には様々な準備をする必要があります。
家族が死んでしまったという悲しみに暮れる暇もないほど忙しくなるでしょう。
やらなくてはいけないことの一つにお墓の問題があります。
先祖代々受け継いでいるようなお墓があるのであれば、そこに納骨をすればよいのですが、お墓がないのであれば新しくお墓を作る必要があります。
お墓を建てるには一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか。

お墓を建てるための内訳を説明すると、まずは墓地の経営者から使用権を取得する必要があります。
この時には永代使用料がかかります。
他にも、墓所の外柵や基礎工事費などがかかりますし、墓石やその他の付属品を用意する必要もあります。
お墓を作った後には管理費が必要となります。
寺院墓地であれば上記のお金以外にも、護持費や入檀料が必要となることがあります。

永代使用料に関しては、墓所の広さによって値段が異なります。
また、墓石も寸法や形、石の種類などによって値段が異なってきます。
ちなみに巨匠たちのお墓にはさまざまな形の石碑や墓石があるそうです。

以上のような費用の内訳であり、それぞれにどのくらいの費用がかかってしまうのでしょうか。
まずは永代使用料に関してですが、1平方メートル当たり10万円から30万円程度がかかるのが一般的です。
そして、管理料が1年あたりに1000円から7000円程度かかります。

墓石に関してですが、工事費や外柵などを含めて、200万円から400万円程度の費用が一般的です。
高級な墓石を使用すると800万円から1000万円以上かかるものもあるようです。

民営の霊園で4平方メートルのお墓を手に入れると仮定すると、合計で400万円ぐらいが一般的にかかる費用となります。
公営霊園の場合はもう少し割安となることが多いですが、人気があるので取得できるかどうかは分かりません。
寺院墓地に関しては寺院によってまちまちです。

このように墓を建てるには墓石以外にも様々な費用がかかってしまいますので、墓石の値段だけで判断しないようにしましょう。