選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

お墓が無い人はどうしたらいい?

生きていると特に気にすることがないことの一つにお墓があるでしょう。
特に、先祖代々受け継いでいるようなお墓も無く、都会などに出て、一人で暮らしているような方はお墓について意識することはほとんどないのではないでしょうか。
それが、自分がもうすぐ死ぬかもしれないような年齢にさしかかるとお墓についても考えてしまうことが増えてくると思います。

家族がもしいるのであれば、お墓を作ってもらうことは可能ですが、その分家族にも負担をかけることになります。
家族の中で一人もお墓を作らないということに反対しないのであれば、自分が死んだときもお墓を作らないという選択をしてもよいでしょう。
その場合は、遺骨はたとえばお寺に管理を任せてもらうこともできますし、遺骨を受け取らないという選択もできます。

家族の中にお墓を作りたいという方がもしいるのであれば、できるだけ家族の負担にならないように努力をすると良いでしょう。
一番良いのは、生前に予め自分のお墓を購入しておくことです。
お墓を購入するには400万円ぐらいの費用がかかってしまうので、大変大きな負担となってしまいます。
そのような負担を残された遺族にかけたくないのであれば、自分で購入をするのが一番良いのです。

もし高齢の方で、家族もいないのであれば、お墓にこだわる必要はないでしょう。
もし、自分が死んだ時に永代供養をしてもらいたいなど要望があるのであれば、その準備をしておくと良いでしょう。

お墓というのは日本に古来からある文化ですが、現代では、ほとんど形式的なものになってしまっているので、お墓についてあまり深く考えることがなくなってしまいました。
しかし、これからはどんどん日本人の中で高齢者の方の割合が増えてきますし、お墓のトラブルなども生じる可能性があります。

まだ生きている時にお墓について色々と考えておくことは大切なことです。
お墓を持つのも持たないのも個人の自由ですので、良く考えて行動をしましょう。