選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

お墓の永代供養や永代使用料の相場

お墓というのは一般的には先祖代々受け継ぐものであり、一つのお墓に家族たちの骨を入れて、それを主に長男が受け継いで、子孫へと受け継がれていくものであると
考えている方は多いでしょう。
確かに、現代でもこのような習慣は残っていますし、実際にお墓を受け継がれた方や、子孫に受け継がせている方もいるでしょう。

しかし、他にも供養をする方法というのはあるのです。
それが永代供養です。
永代供養では、お墓参りをできない場合は、お墓参りをしてくれる人がいなかったとしても、お寺に代わりに責任を持って永代に渡り供養と管理をお願いすることです。
その場合はお墓は永代供養墓と呼ばれます。

永代供養の場合は他の人のお墓と一緒に同じ納骨堂に安置されることになるので、合祀墓や合同墓などと呼ばれることもあります。
ここのお寺によって名称が異なることもあります。

さて、永代供養の場合は一般の先祖代々のお墓とはどこが異なっているのでしょうか。
まずは、お墓参りをしなくても、お寺が永代にわたり供養と管理をしてくれる点です。
また、墓石代がかからないという利点があります。
墓地使用量を払う必要はありますが、一般的なお墓に比べれば安いです。
大体、30万円から50万円ぐらいが相場と言われています。
この料金を最初に一式で払うことによって、その後は、管理費やお布施などを支払う必要は無くなります。

過去の宗旨宗派を問われることはありませんし、こだわる必要もないです。
生前に申し込んでおくこともできます。

最近はお墓を持つことにあまり興味のない方が多いですし、毎年お墓参りを欠かさず行うことが困難な方もいるでしょう。
お墓を持ってしまえば承継の問題が生じるので、なるべく誰にも負担をかけることなく自分をお墓に入れてほしいと考えている人も多いと思います。
そういった方は、是非とも永代供養を検討してみましょう。

永代供養は生前にお願いすることも可能なので、これによって子孫に負担を一切かけずに済みます。