選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

墓地の探し方

人が死んでしまうと悲しいものです。
特にその人が自分の家族だったり、親しい人の場合は特に悲しいことでしょう。
悲しみにくれてしまい、何も手につかない状態が続いてしまうこともよくあります。

しかし、悲しんでばかりはいられません。
人が死んだ後も、生きている人はその後処理をする必要があるからです。
人が死ぬと色々とやらなくてはいけないことがあります。

特に親族の場合は大変でしょう。
すぐに、通夜や葬式の手配をしなくてはいけません。
火葬の準備もする必要があります。
葬式の会場などを準備する必要がありますし、親戚や知人などにその人が亡くなったということを知らせなくてはいけません。

葬式などが一通り終わった後も落ち着く暇はありません。
まだまだやらなければいけないことはたくさんあります。
その一つとして、墓地を探すということがあります。
墓地がなければ、骨を埋めるための場所がなくなってしまいます。
墓を購入するタイミングは人それぞれですが、一般的にはどうなのでしょう。 今では、死んだ人のために墓をつくるということをしない方もいますが、まだまだ墓に骨を埋めるという行為は日本でも根強く残っています。

墓地を探すならば、色々な方法があります。
墓地と一口にいっても、その中にも色々な種類があるのです。
公営墓地や民営墓地、寺院墓地などがあります。

公営墓地というのはその地域の住民のために地方自治体が経営と管理をしている墓地です。
その自治体に暮らしている人であれば申し込みをすることができますが、人気が高く競争率が高くなるので、絶対に墓地を借りることができるというわけではありません。
ただし、使用料や管理料は安くなっています。
公営墓地に関しては、こちらのサイトに詳しく書いてあります。

民営墓地というのは、公益法人や宗教法人などが経営と管理をしている墓地で、取得しやすいという利点がありますが、経営が安定していないところや、
管理がきちんとされていないところも多いです。

寺院墓地というのは寺院の境内にある墓地です。
取得しやすいのですが、使用料は高いことが多く、市街地に多数存在していて、檀家として法要を受けることができるという利点があります。
それぞれの特徴を把握して、墓地を選びましょう。