選び方や維持の仕方

お墓がない人は?
永代供養・永代使用料
生前にお墓を建てる?
お墓が壊れたら?
お墓は移転できない?
お墓は誰が受け継ぐ?
納骨堂でもいい?
新規のお墓はいくら?
受け継ぐ人がいない
墓地をどうやって探す?

お墓を受け継ぐのは誰?

近年はお墓というものに対する認識が昔とはがらりと変わっています。
昔は法律によって長男がお墓を継ぐことが定められていた時代もあったほど、お墓は先祖代々受け継ぐものであるという認識が日本中にありました。
しかし、現在ではそのような認識がなくなり、お墓を絶対に受け継ぐ必要というのは無くなりましたし、お墓を持たない方も増えています。

それでも田舎などにお墓があるご家庭は多いでしょう。
もしも、お墓を使用している方が亡くなった場合はどうなってしまうのでしょうか。
民法では、お墓の使用者が生前に遺言などによって承継者として指名している人がいる場合は、その人に承継されます。
承継される人は必ずしも遺族や親族などである必要は無く、友人でもよいことになっています。

使用者が生前に指定していなかった場合はどうなってしまうのでしょうか。
この場合は慣習によって決められます。
現在でもお墓を長男が引き継ぐというご家庭は多いようです。
お墓にも長男の名前が彫られていることが多いですし、そのようなご家庭が一般的です。

また、お墓を相続したとしても、それは相続税の対象にはなりません。
ただし、管理料が毎年かかってしまいますし、ずっと供養をし続ける必要があります。
相続者が特に誰も指定していない場合で、慣習によっても決められない時には、家庭裁判所が決定することになります。
しかし、そういった場合には新たに問題が生じることが多いので、できれば、お墓の使用者が生きている間に、お墓の相続をどうするのか決めておいた方が良いでしょう。

お墓は絶対に子孫が継がなくてはいけないというものではありません。
お墓はしょせんは死んでしまった方のためではなく、生きている人のためにあるものです。
よって、生きている子孫たちの意思を尊重することが最も大切なことですし、お墓を継ぐことにより不利益が被るのであれば、それは子孫の方にとっても本望ではないでしょう。
自分たちで納得のする決め方をしましょう。

最近では永代供養墓といったものも利用されている方がいるようです。気になった方はご覧ください。